お知らせ

お知らせ
純国産水着ブランド「マーリン」が競泳用水着として
国際水泳連盟(FINA)の許可を取得

2015年4月13日

会場の様子



2015/4/13マイドーム大阪(大阪市)にて記者発表を行いました。



以下、発表内容。

3月9日に新素材の発表をした競泳用水着素材「BRS-4TP」仕様の純国産水着ブランド「マーリン」が4月3日に世界の公式試合で使用可能となる国際水泳連盟(FINA)の公認許可を取得出来ました。
 


2008-2009年の高速水着騒動では、単に「速い」だけの高機能水着でありましたが、今回の最新高機能水着は「速さ」はもちろんですが「選手のパフォーマンス向上」が達成出来る事が大きな違いとなります。これは2020年の東京五輪を目指す若き選手の皆様には大きな朗報となります。
 

競泳用水着「マーリン」

<モデル>
左:大山未希(ビーチバレーボール選手)
右:辻 貴光(ロードレーサー)

1:撥水性 vs 親水性

通常の競泳用水着の表面は「撥水性」で水着自体に吸水をさせず水着の自重を重くしない事を目的としていますが、撥水性水着素材の繊維の目(縦、横糸の真ん中)に空気が溜まり、この空気が競泳中に弾ける事で水流を乱し大きな抵抗となります。


弊社の新素材BRS-4TPは「親水性」で水に飛び込んだ瞬間に水着素材表面に水分子の膜が施します。これによりプールの水は水着の繊維の上を流れるのではなく、水着素材表面の水分子の上を流れます。これは水分子同士の抵抗係数となり驚きの0.021cdfを実現します。(撥水性水着の抵抗係数は約1.8cdf)


皮膚に触れる側の水着の内側については、従来の撥水性水着の皮膚との摩擦抵抗は約2.0−2.3cdfを超えてしまいます。


弊社の新素材BRS-4TPはわずか0.32cdfと7分の1以下!
つまり、競泳中の筋肉と皮膚を動かした際の「水着と人体との抵抗(ストレス)は7分の1以下となり、「ボディーフリー」の「水着を感じないで泳げる」未知の感覚を実感できます。

 

2:水との抵抗

通常の水着表側の摩擦抵抗係数は約1.8cdf、これに対してBRS-4TPは0.021cdfで通常水着の85分の1の摩擦抵抗となります。速さを求める競泳の世界では、追随を許さない高機能水着素材がこのBRS-4TPです。従来の水着よりも「飛込み」「ターン」を水深に対して深い目に潜る意識をされる事でこの新素材水着のパフォーマンスをより有効に活用することが出来ます。

今後日本の東京五輪を目指す選手の皆様にこのジャパンプレミアムの素材を数多くお使い頂き、世界記録を量産を狙いましょう。


市場展開としては、ヨーロッパ、アメリカ、オセアニアの水着メーカーへも最新素材のインフォメーションを送り国際水泳連盟への登録をすすめて参ります。
年間5万着分程度の生地の販売を目指します。

内容掲載メディア

NHK
http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20150413/3844931.html

●共同通信
http://www.47news.jp/CN/201504/CN2015041301001861.html
毎日新聞、産経新聞、サンスポ、北海道新聞、愛媛新聞、千葉日報、中日新聞、信濃毎日新聞、東北新聞、京都新聞、山陰中央新報、神戸新聞



(2015/4/15更新)