お知らせ

お知らせ
バイオラバーの効果確認試験についての記者発表

2014年12月22日


記者発表の様子
 

当社は、2012/12/22 大阪産業創造館(大阪市本町)にて、バイオラバーに関する研究開発における効果確認試験の記者発表を行いました。


 当社は、これまで10年以上実施して来ましたバイオラバー使用して健康に関わる予防の可能性に関する研究開発及び、人を対象とした最新の遺伝子検査(ゲノム検査)の実験を行い、バイオラバーの21日間使用による体内環境指針の改善結果を得ました。


 10年以上研究開発を続けて来たデータの蓄積がこれまでには出来なかった遺伝子検査により証明が出来る時代となりました。弊社としましては、今後引き続きこの遺伝子検査を続ける一方、遺伝子解析によりこれまで難病とされて来た病気へのバイオラバーの活用を専門家を交えて積極的に行って参ります。


  弊社バイオラバーは体の外部装着のための健康増進機器として広くお使い頂きたいと考えております。


 採血による遺伝子検査とバイオラバーにより、健康増進の指針となる予防策がmRNA(メッンジャーRNA)の指標を持って体内環境を簡単に把握出来、バイオラバーにより発症前の早い時期に予防が可能で、より健康状態を良い方向に導く事が出来ると考えております。


今後この採血による遺伝子検査と弊社バイオラバーの装着テストを中期、長期に継続して人々の健康のサポートをして参ります。


また、病気を未然に防ぐ事により医療費の削減にも一役を担えればと存じます。